水道管の老朽化が問題に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

水道管の老朽化で水道直結のウォーターサーバーが注目されています。
最近、テレビやニュースなどで水道管の老朽化による漏水や破裂、また水道水のサビ問題が取り上げられていますがこの水道水を安全に飲用するために今、水道直結のウォーターサーバーが注目されています。


このようなことを感じたことがありませんか?

水道水がカルキ臭い。
水道水に濁りがある。
肌荒れをするようになった。
水道水が赤茶色に見える。

 

 

最近の水道水は、最新の浄化設備でミネラルウォーター並みの美味しい水が作られているはずなのになぜ、このように感じるのでしょうか。

まずひとつ目は、「塩素」です。家庭に送られる水道水には、必ず「塩素」を添加することが法律で決められています。水源汚染が大きなところでは消毒に使用する塩素の量も多くなるためにカルキ臭が強くなることがあります。このような理由もあり今は自宅の水道水に浄水器を取り付ける人が多くなっています。

さらに大問題なのは『古い水道管』の問題です。水を運ぶ地中に埋められた本管の法定耐用年数は40年だそうですがもうすでに総延長で数万キロにも及ぶ水道管が40年を超えているのが現実です。

また個人宅やマンション内の水道管の老朽度についてはほとんど把握されていないのが現状のようです。自宅で一番使用するのが この『水道水』です。御飯を炊いたり、みそ汁やスープに麺類、またパスタなどの水をたくさん使う料理には、安全でおいしい水を使いたいものです。

そこで今、注目されているのが水道直結のウォーターサーバーです。水道水に含まれる『塩素』『赤さび』『雑菌』をしっかりと除去しながら必要なミネラル分は残すので水道水がミネラルウォーター並みの『おいしい水』に生まれ変わります。

一番安いウォーターサーバー(楽水ウォーター)だと毎月の費用はレンタル料金2,980円(税別)~と水道代だけですので料金を気にしないで好きなだけ使用できます。
(水道料金は地域によって違いますが東京都23区だと300Lで61円程です。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


ウォータースタンド人気機種ランキング


おすすめ記事